【アラフォーの美活】 人と比べず、自分を高めることの大切さ

怒涛の引越しを終え、やっと日々の落ち着きを取り戻してきました。生活環境が変わるというのは、自分が想像している以上に身体に負担がかかるものですね。生活のベース、人間関係、細かなところでは水や空気、そういった諸々の条件が全部変わることで、心身共に多少の影響があるのを実感しているところです。ムリはできないお年頃なので・・(笑)

つい忙しいと外食しがちだったり、身体のメンテナンスもできない、、、なんてことも多いので、なるべく元の生活に戻すべく、キッチンを整えることから始めました。私は外食が続くと、口内炎がすぐ出来るんですよね。で、なかなか治りにくい。これまでの反省から、ビタミンを沢山摂れる野菜中心の食事にしたり、水分を多めに取るようにしたり、食生活には気を付けるように心がけています。

身体が元気になってくると、気持ちの方も安定するような気がします。健康の大切さをしみじみ実感します。女性は1か月を通しても、ホルモンのバランスが大きく変化し、心や体に様々な影響ありますよね。若い頃はそれほど感じなかった私も、30代の後半になってから徐々に、その変化を感じるようになってきました。気分が落ち込みやすかったり、生理前にイライラしたり。夫にもそのことは伝えてあって、一定の理解をしてもらっています(笑)

最近の女性は、幾つになっても若々しく、ある意味年齢不詳な方も多いなぁと感じることもしばしばです。仕事と家庭を両立させたり、趣味の世界で生き生きと輝いていたり。私の母も昔に比べたら歳をとったなぁと感じることもありますが、まだまだ現役、精力的に活動しています。歳の重ね方ひとつとってみても、人それぞれです。女性は特にライフステージによって、大きく変化していきます。人間は変化を恐れがち、と言われることもありますが、変化=成長と捉えることができたら、怖くない気がするんです。個人的には男性より、女性の方が変化を恐れないような気もしています。

自分の人生を振り返るには、まだ少し早い気もしますが、人生の折り返し地点に来た今、「これから〇年先どうなっていたいか」ということを常に念頭において、毎日を生きたいなぁと思うところです。アラフォーの美活は決して外見だけではなく(もちろん見た目も大事なんですが)内面を磨いてこそ。決して人と比べるのではなく、自分史上最高!でいられるように、内実ともに、大人の女性になりたい、そう思っているところです。